事務所概要

事業所名現場イズム (英語表記:GENBA-ISM)
代表内藤 敏   (中小企業診断士)
所在地本部事務所:兵庫県姫路市材木町21-1
東京事務所 : 東京都品川区西五反田1丁目11番1号
TEL&FAX079-269-8810
お問合せはメールフォームからお願いします。
メールsupport@genba-izm.com
ホームページhttps://genba-izm.com
事業内容1.ファイルメーカーProの活用支援
2.研修・セミナー
3.システム開発、ソフトウェア販売
4.ホームページ製作運用サポート
5.経営コンサルティング


実績

FileMaker研修

主な研修先

  • NHK
  • 日本経済新聞社
  • キャノン㈱
  • ㈱武蔵野 経営サポート企業 各社

累積受講社数:80社以上

FileMaker指導

主な職種

  • 社長、経営幹部
  • 医師、看護婦
  • 整体師、鍼灸師
  • システム担当者

累積受講人数:500人以上

システム開発

主なシステム制作

  • 生産管理システム
  • 在庫管理システム
  • 電子問診票
  • 建設業工数管理システム

etc...多数の実績があります

ファイルメーカーはVer4の時代から20年近く使っています。
個人レッスンから企業研修まで300名を超える方を指導してきました。
初心者が躓きやすいポイントを熟知しています。

「初級者にも分かりやすく」をモットーにファイルメーカーを使う力を伸ばし、会社の業務改善に役立つ人材を育成します。



事業所名の由来

あなたと二人で会社経営の現場に踏み込んでいきたい

「現場、現地、現物」を三現主義といいます。問題が発生したとき、机上の空論ではなく、実際に“現場”で“現物”を観察し、“現実”を認識した上で問題解決を図るという考え方です。

情報システムの進展やインターネットの普及により、経営者のもとには膨大なデータや情報が集まるようになりました。しかし、無差別に集まった表面的な情報をもとに判断を行うと誤った経営判断をしかねません。企業が抱える問題を解決するには、会社経営の現場の奥深くに踏み込み、問題の真因が何処にあるかを追求する必要があります。

複雑化した情報が膨大に集まるようになった現在であるからこそ、三現主義の原点に戻り「自分の目で確かめ」「自分の耳で聴き」「自分の肌で感じ」「自分で考える」ことが大切だと考えています。“会社を良くするために、あなたと共に会社経営の現場に踏み込んでいきたい“その想いを胸に屋号を現場イズム(主義)としました。


GENBA-ISM