在庫を「見える化」し、収益を改善する!

 「在庫見える化くん」はFileMakerで作成した在庫管理システムのテンプレートです。製造業や小売業のほか、医療や物流業界などざまざまな業種で利用できるよう、汎用的に開発しています。FileMakerがベースになっているので、業務フローや必要な機能に合わせて柔軟にカスタマイズすることが可能です。

 「在庫見える化くん」には、在庫管理機能のほかに、顧客管理やPOSレジ機能が標準で搭載されています。商品在庫は、お客様ごとに発行する領収書や請求書に連動して在庫量が変動する仕組みです。売上情報と在庫情報を別々に管理するのではなく、1度の入力作業で「売上管理」「顧客管理」「在庫管理」を済ませることができるので、業務の効率化が図れます。

 入力画面の標準レイアウトは、iPadにも対応しているので、外出先でも在庫情報や売上情報を把握することができます。

在庫管理システムの概要

rounded

在庫管理

商品ごとの在庫量や在庫金額を把握することができます。適正在庫量を下回った商品はアラートでお知らせします。

rounded

伝票発行

請求書と商品出荷伝票が連動しています。売上情報を入力すると自動的に請求書と商品の出荷伝票の作成されます。

rounded

バーコード

iPadやiPhoneのカメラ機能を使ってバーコード読み取りが可能です。商品の在庫情報を素早く閲覧するができます。

rounded

iPad対応

「在庫見える化くん」の入力フォームはiPadに対応しています。外出先でも売上情報や在庫情報の管理が可能です。



カスタマイズ事例

「在庫見える化くん」はFileMakerで作成されているので、必要な機能を柔軟に追加することができます。過去のカスタマイズ事例を紹介します。

ABC分析機能

販売実績をもとに売れ筋商品を把握するABC分析機能を追加することができます。商品をABCでランク分けしてロケーションや発注方式をランク別に管理するのは在庫削減活動の基本です。一般に購入額の多いAランクの商品は定期発注方式を採用するなど重点管理を実施します。

なお、「在庫見え化くん」には、商品在庫の単価登録も登録もできます。単価情報を登録することで、在庫数量だけではなく、在庫金額によるABC分析もできるようになります。

自動発注機能

「在庫見える化くん」に発注点と発注量を登録することで、商品を自動的に発注する定量発注機能を追加することができます。「在庫見える化くん」には、販売管理機能もついているので、直近の商品の売れ行きによって、発注点や発注量を変更し、適正在庫を保つことができます。

在庫管理の理想は「必要なときに必要なモノを必要な量だけ」商品を用意することです。自動発注機能を追加することで、在庫欠品による販売機会ロスを削減することができます。





ファイルメーカーだから低価格

一般的にフルオーダーの在庫管理システムを導入することなると、数百万単位の導入コストが必要となります。「在庫見える化くん」は、「在庫金額把握」「伝票発行」など在庫管理に必要な機能をコンパクトにまとめた在庫管理システムです。

ランタイムパッケージにしたモデルは、15日間無料でご利用いただけます。継続利用をご希望される場合は、ライセンスキーを購入してください。また、アクセス権限を解除したフルアクセスモデルも販売しています。完全アクセスのパスワードとアカウントをお伝えしますので、独自にカスタマイズをして頂くことが可能です。


ソフトウエア

在庫管理システム「在庫見える君」の機能を15日間、無料でご体験いただけます。
お試し利用をご希望の方は、下記のボタンからシステムをダウンロードしてください。


お試し版が15日間無料でご利用いただけます。

ダウンロード開始


GENBA-ISM