とっても、分かりやすいキントーン講座

 kintone入門講座は、「キントーンを使い始めてたけど、何から始めたらいいか分からない」、「キントーンの基礎的な使い方を体系的に学びたい」という方のための学習プログラムです。

 オンライン講座と出張研修でキントーンを使ったアプリ開発とシステム運用のポイントが学べます。kintoneを使って業務改善をしたい、リモートワーク/在宅勤務を推進したい方の疑問や悩みを専門のトレーナーが一緒になって解決します。

こんな悩みをお持ちの方に受講をお薦めします

  • kintoneを使い始めたけど周りに教えてくれる人がいない
  • kintoneでのアプリ開発に行き詰まり、一人で悩んでいる
  • 自社の業務にkintoneをどのように活用できるかアドバイスが欲しい
  • エクセルでの管理が限界にきている。日々の業務をスムーズにしたい
  • kintoneを導入して業務プロセスを見直したい
  • リモートワーク・在宅勤務をkintoneで実現したい
  • 情報共有を円滑にして、社内のコミュニケーションを改善したい



講座の特徴

GENBA-ISMのキントーン講座は、初心者やkintoneを独学で使ってきた方にも、丁寧に分かりやすく、個別指導いたします。

初心者歓迎

初心者歓迎

データベースの構築が初めての方に丁寧に分かりやすく指導します。専任講師とのマンツーマンレッスンで自分のペースで学べます。

基礎を学べる

体系的に学べる

これまでkinntoneを独学で使ってきた方も歓迎です。kintoneで何ができるかをを体系的に学ぶことでkintoneの活用範囲が広がります。

個別相談

個別相談可

kintoneの基本機能だけでなく、あなたの職場の業務に合わせてkintoneを活用するには、どうすればいいか個別相談にも対応します。


受講方法

 キントーン入門講座の受講方法は、オンライン講座と出張講座の2つがあります。ご希望の受講スタイルがお選び頂けます。

オンライン講座

画面共有

オンライン講座を選ばれる理由

  • マンツーマンレッスで自分の疑問を解消したい
  • ほかの受講者に気兼ねせず、自分のペースで勉強したい
  • 日中は仕事が忙しく、夜間にオンライン受講したい
  • リアルセミナーは日程が合わない

出張講座

会議

出張講座を選ばれる理由

  • 複数のスタッフにkintoneの使い方を学ばせたい
  • kintoneを浸透させ、業務改善を進めたい。
  • kintoneの管理者が退職してメンテナンスに困っている
  • kintoneで業務改善ができる人材を育成したい

受講コース

 kintone入門講座は、下記の6つのコースで構成されています。各講座の受講時間は、それぞれ2時間です。

カリキュラム詳細

基礎1:スペース・アプリストア活用講座

kintoneの「スペース」「スレッド」「ピープル」を活用した情報の共有化とアプリストアの利用方法を学びます。

基礎2:アプリ作成講座

自社の業務に適したアプリを構築する方法を学びます。また、Excelデータからアプリを作る方法を解説します。

基礎3:アプリ連携講座

アプリ間のデータを連携させる「ルックアップ」「関連レコード一覧」「アプリアクション」の使い方を学びます。

基礎4プロセス管理講座

ワークフローやプロセス管理に必要な「ステータス」「アクション」「作業者」の設定方法を学びます。

基礎5:アプリ連携講座

kintoneの通知機能である「アプリの条件通知」「レコードの条件通知」「リマインダー条件通知」の使い方を学びます。

基礎6:アクセス権・セキュリティ設定講座

kintoneのセキュリティ設定と「アプリ」「レコード」「フィールド」に設定できるアクセス権限を解説します。

各講座ごとに無料で受講できる体験講座をご用意しています。ご希望の方は、お申込みフォームからご連絡ください。


学び方

 キントーン講座は、kintoneの基本機能がきっちりと学べる基礎講座(12時間)と、ご希望のテーマに合わせ個別指導が受けられるスポット相談(1時間)の2つがあります。

kintone基礎講座(12時間)

基礎講座では、アプリ作成から管理者機能まで、kintoneの運用に必要な知識を体系的に学ぶことができます。

kintone基礎講座

基礎講座の内容

  1. アプリ作成・アプリ連携
  2. リマインダー・通知機能の活用
  3. プロセス管理・組織設定
  4. セキュリティ・アクセス権の設定

kintoneスポット相談(1時間)

kintoneのスポット相談では、kintoneの標準機能の活用方法について、1時間単位で個別相談を承ります。

kintone個別相談

スポット相談の内容

  1. kintoneでどのような業務を管理できるか知りたい
  2. リモートワーク/在宅勤務を進めるポイントを知りたい
  3. 安全に運用するためのセキュリテー設定を知りたい
  4. ルックアップやアプリアクションの使い方を知りたい

※上記コースは、kintoneの基本機能を学ぶ講座です。プラグインによる機能拡張やJavaスクリプトによるカスタマイズは含まれません。アプリ開発をご希望の場合は、お問合せフォームより「開発依頼」としてお問合せください。


こんな方にご受講いただいています

  • kintoneでのアプリ開発に個別アドバイスが欲しい
  • 顧客管理、営業管理など自社にあった業務システムを構築したい
  • 営業マンが外出先から受注情報を確認できるようにしたい
  • 期限までにアプリ開発を完了させたい。早くスキルアップしたい
  • kintoneの基本を改めて勉強したい
  • 専門の講師に直接、自分の疑問を質問したい

キントーン講座受講メリット

プロが直伝

プロが直伝

自由自在にkintoeを使えるようになれば、業務プロセスの変化に素早く対応できます。チームメンバーが働きやすい環境を構築できます。

上達の近道

上達の近道

マンツーマンまたは少人数制での講座を開催しています。独学や一般的なセミナーに比べ、知識量や上達スピードに圧倒的な差が付きます。

疑問を解消

疑問を解消

キントーンの便利な機能を100%発揮していますか?本講座を受講すれば、長年抱いていたキントーンの疑問が解消されます。





特徴① 難しいことを分かりやすく

 GENBA-ISMのキントーン講座の基本方針は「難しいことを分かりやすく伝える」ことです。ITの業界には難しい専門用語を使う方もいます。しかし、初めてキントーンを使う初心者の方には講義の内容が難しくなってしまいます。
 
 GENBA-ISMでは、難しい専門用語での説明は避け、入門者の視点に立った分かりやすい講座を提供します。



特徴② 充実のアフターフォロー

 GENBA-ISMのキントーン講座では、アフターフォローを重視しています。講座終了後も受講者の疑問に答えられるよう、専用の質問サイトを用意しています。講師が困るぐらい、分からない点はどんどん質問してください。

 講師の役割は、受講生が自ら考えkintoneを使いこなせるようにすることです。そのためには、受講者の探求心を育むこと、kintoneを好きになってもらうことが重要だと考えています。講師は受講者の成長に責任を持ちます。





特徴③ 目的は業務改善

 GENBA-ISMのキントーン講座の目的は「kintoneの使い方」を教えることではありません。受講者の皆さんが知りたいのは「kintoneを使って、どのように業務を改善するか」です。

 市販の書籍や公式のトレーニングでは「kintoneの使い方」に重点をおいています。一方、GENBA-ISMのファイルメーカー講座では「kintoneを活用して業務改善をどう進めるか」を一緒に考えます。




受講者の声


お客様の声

お客様の声

お客様の声

お客様の声


大川 社労士事務所


お客様の声

在宅勤務がスムーズに

 Kintoneを使ってリモートワーク・テレワークを推進するため、kintoneの基礎講座をオンラインで受講しました。在宅での勤務を円滑に進めるためには、情報共有が欠かせないのと、情報漏洩を防ぐセキュリティ対策が必要です。

 セキュリティ設定は、自分だけでは判断が難しく、オンライン講座を通じてkintoneの正しいセキュリティ設定を学べたことは大きな安心に繋がりました。また、在宅勤務での情報共有を円滑にするためのスペースの活用方法についてもアドバイス頂き、感謝しています。


株式会社 シーメック・ジャパン


 営業マンの日報管理と受注情報の管理にkintoneを活用しています。これまでは営業マンが帰社後、日報や受注伝票を記入していましたが、kintone導入後はiPadを使って外出先でデータ入力ができるようになりました。

  出張研修で営業グループのメンバー一同でkintoneの使い方を学べたことは、kintoneを社内に定着させるうえで、大変、役立ちました。ペーパーレス化の実現だけでなく、業務の効率化にも繋がっています。

お客様の声

ペーパーレス化を実現


田村税理士事務所


お客様の声

アプリのデータ連携を理解

 オンライン講座のスポット相談でアプリのデータ連携の方法を学びました。受講前は、「関連レコード一覧」や「ルックアップ」などの使い方が分からなかったのですが、講座を受講することでアプリ間のデータ連携方法が理解できました。

 オンラインのマンツーマンレッスンでは、自分が納得できるまで、講師に直接、質問ができるので良かったです。受講スケジュールも柔軟で、夜間や休日の受講にも対応していただけました。


株式会社 ハヤカワ鋼材


 前任者の退職にともない、社内でキントーンを管理運用することになり講座を受講しました。出張講座で、kintone管理者に必要な「アクセス権限の設定」や「cybozu共通管理」の使い方を教えて頂きました。初心者にも丁寧に教えて頂き分かりやすかったです。

 受講して良かった点は、アフターフォローが充実していることです。担当トレーナーとは、受講後も専用の質問サイトを通じて質問ができ、今でもkintoneに関する困りごとを相談しています。とても丁寧にフォローしてくれるので、大変助かっています。

お客様の声

アフターフォローが充実

講座の料金体系


キントーン講座の料金表です。ご希望の講座を組み合わせてご受講して頂くことができます。

コース名料金(税別)
スポット相談
共同開発
(1時間単位)
10,000円
スペース・アプリストア活用講座
(2時間)
20,000円
アプリ作成講座
(2時間)
20,000円
アプリ連携講座
(2時間)
20,000円
プロセス管理講座
(2時間)
20,000円
通知機能活用講座
(2時間)
20,000円
セキュリティ設定講座
(2時間)
20,000円

グループレッスン:
複数名での受講をご希望の場合は、グループレッスンをお申込みください。プラス1万円で4名様まで同時にご受講いただけます。


出張講座の交通費の目安

出張講座の場合は、受講料ほか交通費が必要です。

北海道から沖縄まで日本全国各地で出張講習を実施しています。1ヶ月前に、ご予約をいただければ交通費を抑えることができます。

(出張・交通費の目安:大阪:3000円、東京15,000円、福岡15,000円・北海道、沖縄30,000円)

オンライン講座の場合は、リモート操作とスカイプにて講座を実施します。出張・交通費はありません。


キントーン講座予約表


受講者一人ひとりのレベルに合わせて、分かりやすい講習を提供するため、受講者のご要望をヒアリングし講義内容を決めています。お客様一人ひとりのスキルアップを大切にしており、予約制での対応となります。特定の受講日をご希望の場合は、お早めにお申し込みください。


予約状況は1ヶ月単位で更新いたします。最新の予約情報はお問合せフォームより、ご確認ください。

お試しWEB講座の申し込み


キントーンのオンライン・レッスンを1時間、無料でお試し頂けます。

  • Web通信レッスンに興味があるけど、ついていけるか心配
  • Skypeやリモートディスクトップを使ったことがないので不安
  • トレーナーてどんな人?分かりやすく教えてくれる?

そんな疑問や不安を解消していただくため、Web通信レッスンを無料で体験して頂けます。kintoneを使って業務改善を進めたい方、kintoneの利用方法にお悩みの方は、下記のフォームからお申込みください。


姓・名を入力してください。
※入力間違いをなくすため、メールアドレスを2回入力してください。
※2案程度、候補日程をご連絡ください

お客様の希望の日程を確認後、担当講師より実施スケジュールを連絡させて頂きます。2~3日中に担当講師より連絡しますが、万一、連絡がない場合は、改めてご連絡をお願いします。