運営団体

団体WEBファシリテーション研究会 
(事務局 GENBA-ISM)
代表内藤 敏
toiee認定ラーニングファシリテーター
中小企業診断士
目的インターネット技術の進展によって、WEB上の会議室やイベントルームに集まり、対話や交流を進める機会が増えていします。しかし一方で、WEB上でのファシリテーションを有効に機能されるための研究は、まだ十分ではありません。本会では、WEB上での対話や交流による価値の創造を促進するためのファシリテーション技術を研究します。
活動1.WEBファシリテーションの研究
2.WEBファシリテーションのスキル研鑚
3.オンラインワークショップの開催
4.WEB集客の技術習得
5.WEBファシリテーターの育成

WEBファシリテーション研究会への参加方法

WEBファシリテーション研究会への参加は無料です。どなたでも参加できます。研究会に参加するには、①フェイスブック上の「WEBファシリテーション研究会グループ」に参加するか、②当サイトからメール会員登録してください。



研究会メンバーには、オンライン上で開催されるオンラインワークショップやWEBファシリテーション研究会に関する案内をいたします。

こんな方にお勧めです

今年度の活動方針

本年度のWEBファシリテーション研究会の活動方針は、次の4つです。

今、注目もオンライン会議室ZOOMの活用方法を研究するほか、WEBファシリテーターとして技術を研鑚するためのオンラインワークショップを開催します。

WEB会議室ZOOMの研究

1000_634_web_1-min.jpg

WEB上のオンライン会議室ZOOMの活用方法を研究します。オンライン会議室ZOOMがどのように活用できるかを研究することを通じて、WEBファシリテーションの可能性を探求します。

ファシリテーションスキルの研鑚

ファシリテーション

WEB上での開催される会議やイベントを進行するうえで必要となるスキルを研鑚します。対話を促進するための技法やバーチャル・ホワイトボードの活用、反転学習などがその研究の範囲です。

オンラインワークショップの開催

オンラインワークショップ

研究会員メンバーが中心となり、オンラインワークショップを定期的に開催します。ワークショップの開催を通じてWEBファシリテーションに必要な技術や運営ノウハウを習得します。

WEB集客の技術習得

WEB集客

オンラインイベントを成功させるには、ネット集客が不可欠です。オンライン上でコミュニティーを形成する方法やコピーライティングやメールマーケティングの技法の習得を目指します。

研究会にはオブザーバーとしての参加も可能です。
オンラインファシリテーション研究会の活動内容を詳しく知りたい方は、下記にお問合せフォームからご連絡ください。

研究会への参加メリット