操作説明② 顧客管理

顧客管理システムCRMSシリーズを使ったお客様カルテの入力および検索方法を説明します。CRMS顧客管理システムでは、美容院やエステ・ネイルサロン、治療院など幅広い業種でご活用いただけるよう汎用的なフォームを採用しています。

顧客カルテへの入力作業は効率性を重視し、ドロップダウンリストやカレンダー形式でデータ入力ができるよう、使いやすさを追求しています。



顧客管理① 顧客カルテの入力方法


顧客カルテの入力方法

この動画では顧客基本情報の登録の仕方を解説します。

売上を伸ばしているお店では、お客様の属性やお悩み合わせて、ダイレクトメールなどで情報発信をしています。顧客属性を把握する顧客基本情報の入力はとても大切です。顧客属性を入力しておくと、顧客属性別に売上分析ができるようになり、自社の強みや改善点が把握できます。

CRMSシリーズの顧客カルテは、紙カルテに近いイメージで直観的に作業ができる入力フォームを採用しています。パソコンが苦手な方でもご活用いただいておりますので、安心してご利用ください。

なお、操作方法や導入方法が分からない場合は、専門スタッフによるリモートサポートサービス(有料)もございますのでご利用ください。



顧客管理② 顧客カルテの検索方法


顧客カルテの検索方法

この動画では、お客様カルテの検索機能の使い方を解説します。顧客カルテ一覧表の画面では「顧客名」「ふりがな」「電話番号」「システムNo」「お客様No」でお客様カルテを検索することができます。

また、顧客カルテ一覧画面では、検索したお客様画面を「来店回数」「最終来店日」「経過日数」「売上金額」順などに並べ替えすることができます。例えば、過去の売上金額が10万円以上で、経過日数が30~60日のお客様」など、お店にとってフォローが必要な優良顧客を絞り込んでダイレクトメールを配信することも可能です。


顧客管理③ 来店履歴・画像の記録


来店履歴・画像の記録

この動画では来店機歴と画像データの記録機能について説明します。CRMS顧客管理システムでは、来店時の経過記録を時系列的に記録することが可能です。ご来店時の施術内容やお客様のお悩みや症状はどのように変化したかを書き留めておくことができます。

また、経過記録欄には写真データを取り込んで保存しておくことも可能です。例えば、施術前後の写真を撮影し、お客様への説明に活用すれば顧客満足度は大きく向上します。なお、CRMS Proをご導入いただければ、iPadで撮影した写真を直接データベースに保存することも可能です。



次の動画では売上データの入力方法、分析を学びます。


GENBA-ISM